美白化粧品に皆さんが期待していることは、シミを薄くしたい、目立たなくしたいとか、肌を明るく透明感をアップさせたいなどさまざまのようです。

しかし、美白化粧品を使ったことのある方には、

「美白化粧品は使ったことあるけど効果を感じられない。。。」

「なんとなく美白ケアしているけど、特に変化を感じないんだけど。。。」

こんな感想をお持ちの方も多いんですよね。

そこで、ここでは美白化粧品はシミに効くのか、また、美白化粧品で効果を感じられない方がいるのはなぜなのかを解説します。

シミの種類によっては、美白化粧品では効果がない場合も

シミと一口に言ってもいくつか種類があり、美白化粧品が効くシミと効かないシミがあるんです。

シミの種類別の特徴と、美白化粧品が効くのかどうかを確認してみましょう。

老人性色素斑

紫外線を浴びることで、お肌にメラニン色素が発生してできるもので、一般的にシミとよばれるものの多くは、この老人性色素斑を指します。

出来てからそれほど時間のたっていないものは薄い茶色ですが、紫外線を浴び続けると濃くなり、肌の新陳代謝でもあるターンオーバーで排出されないと、濃いシミとなって残ってしまいます。

出来てしまってからできるだけ早い段階で美白化粧品を使えば目立たなくすることも可能です。

炎症性色素沈着

ニキビの痕や傷痕、虫刺されの痕など皮膚が炎症を起こした部分にメラニンが発生して色素沈着したものです。

下着が当たってこすれる部分や、メガネの鼻あてが当たる部分が黒ずむのも炎症が原因で色素沈着するもので、このタイプにあてはまります。

ターンオーバーにより薄くなることもありますが、紫外線が当たると濃くなりシミが定着することもあります。

ビタミンC誘導体配合の美白化粧品が効果的です。

肝斑

モヤっとした輪郭のはっきりしない薄い灰色から薄茶色が特徴のシミです。

ホルモンバランスの乱れが原因と考えられており、妊娠中や更年期の女性によく見られます。

頬骨から目の下にかけて左右対称にできることが多く、美白化粧品が有効です。

トラネキサム酸配合の内服薬を併用するとさらに効果的。

脂漏性角化症

紫外線の影響でできてしまったシミが定着してさらに紫外線を浴びることで、その部分の角質層が変性してイボのように盛り上がったもの。

頬骨の周囲や鼻の頭など特に紫外線を浴びる部分にできやすく、50代以降の中高年によく見られるタイプ。

皮膚の構造自体が変わってしまっているので、美白化粧品では元に戻せません。

皮膚科でのレーザー照射や液体窒素で除去する方法があります。

雀卵斑

ソバカスのこと。

比較的色白の人に多く見られ、美白化粧品で薄くなる場合もありますが、両親のどちらかにもソバカスがあるなど、遺伝的要素の強いものは美白化粧品では効果が期待できないケースもあります。

ただし、今以上にソバカスを増やしたくなければ、日ごろからしっかりと美白ケアをしておく必要があります。

花弁状色素斑

急激な日焼けによってやけどのように皮膚が赤く炎症を起こした後、ほてりが落ち着いた頃にできるシミです。

背中から肩にかけてできる事が多く、花びらのような形が特徴です。

美白化粧品で多少薄くなることはあっても、元の状態に戻すためにはレーザー治療が必要になります。

以上のように、シミのタイプによっては美白化粧品が効かないケースもあるため、自分のシミを見極めて、適切な対処法を検討する必要があります。

美白成分と美白作用のメカニズム

紫外線を浴びると、肌内部の細胞を守るために、表皮細胞からメラニン生成を指示するエンドリセンという情報伝達物質が分泌されます。

エンドリセンが分泌されると、表皮の最も奥にある基底層のメラノサイトで、メラニン色素の元となるチロシンが作られますが、チロシンは、メラノサイトにある酸化酵素のチロシナーゼによって、黒色メラニンとなり、シミと呼ばれるものができるのです。

医薬部外品として承認された美白成分には、メラニン生成を指示する情報伝達物質の機能を阻害する成分と、酸化酵素であるチロシナーゼの働きを抑えてシミやそばかすを予防するものがあります。

ビタミンC誘導体

安定性が悪く壊れやすいビタミンCを安定化させて、お肌に浸透させやすくしたものです。

強力な抗酸化作用と還元作用により、メラニンの生成を抑えるだけでなく、できてしまったシミを薄く目立たなくする作用もあります。

ただし、場合によってはお肌を乾燥させることもあるため、保湿成分も配合されているものが安心です。

ビタミンC誘導体は、美白作用の他にも、過剰な皮脂分泌を抑えてニキビを予防したり、真皮のコラーゲン生成を助けてハリのあるお肌を取りもどし、シワの改善効果も期待できるオールラウンドな美容成分です。

ハイドロキノン

メラニンの生成を抑える作用と、シミを薄く目立たなくする作用があります。

以前は医師の処方箋が必要な医薬品とされていましたが、2001年の薬事法の改正によって、規定の配合量である2%以下を守ることを条件に、化粧品への配合が認められています。

ハイドロキノンはお肌の漂白剤と呼ばれるほどに、できてしまったシミを薄くする効果が高いのですが、成分自体が不安定で使い方を間違うと、お肌に刺激を与えてしまうこともあり、敏感肌の方は慎重に検討する必要があります。

アルブチン

植物のコケモモや、北欧に自生するサンタベリーなどから抽出される成分。

チロシナーゼの働きを抑えて、シミ、ソバカスを予防します。

トラネキサム酸

抗炎症剤として使用されていたもので、メラニン生成を指示する情報伝達物質の働きを抑える作用があります。

内服薬や美白サプリメントにも使用されており、美白化粧品と併用して使用することで、肝斑の改善に効果が期待できます。

即効性や劇的な効果を期待するほど副作用のリスクが高まる

医薬部外品として認められた美白化粧品の美白作用は、「メラニンの生成を防いでシミ・そばかすを防ぐ」というものです。

あくまでシミやそばかすを「予防」するものであって、すでにあるシミを薄くする効果は、医薬部外品としては承認されていません。

しかし、美白化粧品をコツコツと使い続けているうちにシミが薄くなってきたとか、肌のトーンがワントーン上がった、透明感が戻ってきたといった口コミは少なくありません。

例えば、ビタミンC誘導体には、シミを薄くする還元作用がありますが、医薬部外品として承認された作用は、シミを薄くする作用ではなく、メラニン生成のプロセスを抑えてシミ、ソバカスを防ぐ作用です。

ビタミンC誘導体については、諸事情により厚生労働省はシミを薄くする作用を認めてはいませんが、実際にはシミを薄くする作用はあるので、時間をかけてコツコツ使っていれば、期待する効果を実感できる可能性が高いと言えます。

また、ビタミンC誘導体以外の美白成分でも、シミが定着していない段階で使えば、新たなメラニンの生成が抑えられ、さらにターンオーバーがうながされることで、メラニンがうまく排出されれば、時間とともにシミは目立たなくなってきます。

できるだけ早く気になるシミを薄くしたいと考えるお気持ちはよくわかりますが、美白成分にかぎらず、化粧品の成分は即効性や高い効果が期待できるものほど、副作用のリスクが高くなります。

最強の美白成分とも呼ばれるハイドロキノンは、できてしまったシミを薄くする効果は高いのですが、使い方を間違えると肌あれの原因ともなりかねません。

ビタミンC誘導体はハイドロキノンよりもずっと作用が穏やかですが、それでもお肌の乾燥をすすめてしまう場合もあります。

いずれにしても、まずはご自身のシミのタイプを見極めて、美白化粧品が効くのかどうかを確認してみましょう。

美白化粧品の効果が期待できるタイプのシミであれば、トライアルセットなどを上手に利用して、お肌に合う美白化粧品を選び、焦らずじっくりと美白ケアに取り組んでみることをおすすめします。