日焼け後は敏感肌向けの美白化粧品でメラニン生成を抑えよう

「日焼け止めを塗ったのに、真っ黒に日焼けしちゃった。」

「日焼けしてしまったけど、シミは残したくない。どんな美白ケアをしたらいいの?」

みなさん紫外線がお肌に良くないことはわかっているはずなのですが、うっかりUVケアをせずに外出してしまったために、日焼けしてしまったとか、しっかり日焼け止めをつけたつもりでも、海や山で強い日差しを浴びて日焼けしてしまったという方って多いんですよね。

シミやソバカスはできてしまったものを自分で消すこと、目立たなくすることはなかなか難しいものです。

「シミは絶対にイヤ!」と思っているなら、真夏の日差しの強い日はもちろんのこと、曇りや雨の日でも、また、秋・冬も外出する際にはしっかり日焼け止めを使ってUVケアすることが大切です。

それでもうっかり日焼け止めを塗るのを忘れたり、日焼け止めは塗ったけど日焼けしちゃったなんてこともあるんですよね。

そんな時は、敏感肌向けの美白化粧品を使って、シミの原因となるメラニン生成を抑えましょう。

日焼けによってシミができるメカニズム

真夏に海や山で太陽の光を長時間浴びると、皮膚が赤くなり日焼けしますが、これは強い太陽の光でお肌が炎症を起こしている状態、いわば軽いやけどをしている状態です。

紫外線が表皮細胞を刺激して、炎症を起こしてしまうのです。

日焼け後に温水のシャワーを浴びると、お肌に痛みを感じますが、これも皮膚がやけどをしている証拠です。

また、紫外線を浴びることで、お肌に活性酸素が生成されます。

お肌に活性酸素が発生すると、エンドリセンという情報伝達物質が表皮細胞から分泌され、表皮の一番下にある基底膜のメラノサイトを刺激します。

すると、メラノサイトでチロシナーゼという酸化酵素が働いて、メラニンが生成されます。

メラニンは強い紫外線からお肌の奥の真皮を守るためにできるもので、いわばお肌の自己防衛機能と言えるものです。

日焼けによって皮膚が炎症を起こしている状態は通常、2~3日程度でおさまりますが、何もケアせずに放置しておくと、発生したメラニンが酸化されて皮膚が茶色くなってきます。

メラニンを酸化して茶色に変色させる紫外線はUV-A波ですが、UV-A波は晴れているときだけでなく曇りや雨の日でも、また室内にも入り込むため、シミの原因となるだけでなく、真皮のコラーゲンを崩してお肌のハリと弾力をなくしてしまうなど、知らず知らずにお肌を老化させるところが怖いところです。

お肌の表皮の細胞の生まれ変わりであるターンオーバーがスムーズであれば、酸化されて茶色くなったメラニンも、次第にお肌の表皮の外側の角層へと移動して、最終的には垢となって剥がれ落ちます。

ターンオーバーがスムーズであれば、シミとして残ることなく、お肌は元の状態に戻りますが、ターンオーバーの周期は、20代前半のころで約28日周期であったものが、40代になるとおよそ40日周期となると言われています。

また、年齢とともに表皮の一番奥にある基底膜が衰えて弱くなるため、メラニンが基底膜の下の真皮にまで落ちてしまうこともあります。

ターンオーバーが遅れがちになり、メラニンがうまく排出されにくくなることに加えて、基底膜が弱くなり、真皮に落ち込むことも多くなるために、年齢とともにシミが残りやすくなるのです。

日焼け後は遅くとも2日目までに敏感肌向け美白化粧品で徹底的な美白ケアを

ここまでお話しした日焼けとシミができるメカニズムを考えれば、日焼け後の美白ケアのポイントは、メラニンが発生して皮膚が茶色くなる前の段階で、しっかりとケアすることです。

紫外線を浴びてもすぐにメラニンが生成されるわけではなく、おおよそ2~3日後に肌は茶色くなり始めます。

美白化粧品の医薬部外品として認められた効能効果は、「メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ」ですから、日焼け後はできるだけ早く、遅くとも2日目までに徹底的に美白ケアすることが大切です。

冒頭でお話ししたように、日焼け後のお肌は敏感肌に傾いているので、普通肌用の美白化粧品では刺激となります。

紫外線だけでなく、外部からの刺激もシミの原因となるので、刺激の少ない敏感肌向けの美白化粧品を使いましょう。

まずはじめに敏感肌用の化粧水を冷やしたものをコットンに含ませて軽くあてるようにし、水分を補ってあげましょう。

肌のほてりがとれて落ち着いてきたところで、敏感肌向けの美容液やクリームなどの美白化粧品でしっかりケアしましょう。

シミができても早い段階であれば美白ケアは有効

日焼け後の早い段階で適切な美白ケアをすれば、シミを予防できるのですが、できてしまったシミに美白ケアは有効なのでしょうか。

シミができてまだそれほど時間のたっていないうっすらとした茶色のシミであれば、メラニンがお肌の浅い部分である表皮にとどまっている段階であるので、美白化粧品でシミを薄く目立たなくすることは可能です。

これは、美白化粧品でお肌のターンオーバーを促すことで、できてしまったメラニン排出をサポートするものです。

しかし、できてしまってからかなり時間がたったシミは、真皮に定着してしまって、その部分の皮膚の構造自体も変わってしまっているので、美白化粧品ではなかなか目立たなくすることはできません。

ただ、うっすらとしたシミでも、年齢やお肌のターンオーバーのサイクルなど個人差がありますから、目立たなくするには時間がかかることもあるので、やはり、日焼けしたなと思ったらすぐに美白ケアしてシミやそばかすを予防しておくべきです。