妊娠してからシミが増えてしまった!どうしたらいいの!という方へ

「妊娠してからシミが増えてしまった」

「目立たなかったシミが濃くなってきた」

「今まで使っていた美白化粧品が肌に合わなくなった」

妊婦さんにはこんな悩みをお持ちの方って多いんですよね。

ここでは妊娠中のシミ対策や美白ケアの方法をお話しします。

妊娠するとシミが増えるのはどうしてなの?

妊娠するとシミが増えるのは、プロゲステロン(黄体ホルモン)というメラニン色素の生成を刺激する女性ホルモンの分泌が多くなるからです。

妊娠すると乳首や陰部など、直接紫外線を浴びない部分でも黒ずんでくるのは、メラニン色素の生成を促すホルモンの分泌が優位になるからです。

通常、紫外線を浴びて日焼けしたとしても、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって、メラニン色素は垢とともに剥がれ落ちて元の肌の色にもどります。

しかし、妊娠するとホルモンバランスが変化し、メラニン色素の生成を促すホルモンが多く分泌されることに加えて、お肌の新陳代謝が乱れることも重なるため、、妊娠前よりメラニン色素が多く生成される上に、メラニン色素がうまく排出されにくくなります。

そのため、妊娠していない時にはシミにならないような場合でも、メラノサイトが敏感に反応して、メラニンを過剰に生成してしまう上に、メラニン色素がうまく排出されないため、シミが増えやすくなるのです。

それほど強い紫外線を浴びていないし、きちんとUVケアしているのに、妊娠してからシミができやすくなったと感じるのは、こうした理由があるからです。

妊娠中のシミ対策の基本は、UVケアと敏感肌向け美白化粧品でのケア

メラノサイトを刺激する女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、おなかの赤ちゃんが健やかに育つために分泌される大切なものです。

ですから、ある程度シミが増えるのは仕方のない事とも言えますが、妊娠中のシミ対策としては、このホルモン分泌をコントロールすることを考えるのではなく、すこしでもシミのできにくいお肌の状態をキープすることや、たとえシミができてしまったとしても、出産後に残るほど濃くならないようにすることを意識しましょう。

妊娠中のシミの多くは、出産後にホルモンバランスが整えば、次第に薄く目立たなくなるのですが、何もケアせずに紫外線を浴びてしまっていたりすると、驚くほどシミが目立ってきたり、出産後も消えずに残ってしまうケースも多いのです。

妊娠中こそきちんとUVケアを含めたシミ対策や美白ケアをして、出産後にシミを残さないようにしましょう。

それでは、妊娠中のシミ対策はどんな事に注意し、具体的にどんなケアをすればよいのでしょうか。

ホルモンバランスの変化によるシミは肝斑とも呼ばれ、美容皮膚科で処方されるビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸などの内服薬が有効ですが、妊娠中はおなかの赤ちゃんのこともありますので、通常は処方されません。

ドラッグストアで購入できる第1類医薬品にも、トラネキサム酸を配合したものがありますが、使用上の注意として「妊婦又は妊娠していると思われる人妊娠中は医師に相談すること」となっていますので、慎重に検討しましょう。

肝斑はモヤッとしたような一般的なシミよりも薄い茶色が特徴ですが、出産後にホルモンバランスが整ってくれば、次第に目だたなくなってきます。

出産後にも残ってしまうシミは、肝斑というよりも、紫外線の影響に敏感に反応してできたメラニンが、お肌の新陳代謝であるターンオーバーでは排出されずに残ってしまうことでできるシミです。

できてしまった濃いシミを消すために、最も効果的で即効性があるのは、美容皮膚科でのレーザー照射ですが、これも妊娠中はできません。

ですから、妊娠中もしっかりとUVケアと美白化粧品を使ったケアをして、シミの元となるメラニンの発生を抑えながら、できてしまったメラニンをお肌の奥の真皮層にまで沈着させないようにすることが、妊娠中のシミ対策の基本になります。

妊娠すると活発に分泌される黄体ホルモンは、メラニン色素を作る細胞を刺激するため、適切な美白ケアをしなければ、今まで目立たなかった隠れシミが濃くなったり、少しの紫外線を浴びただけでもシミができてしまいます。

適切な美白ケアをしていれば、シミができにくくなりますし、多少シミができたとしても出産後にホルモンバランスが元に戻れば、シミも目立たなくなっていきます。

何もしないでいると、お肌の奥にメラニン色素がお肌の奥に沈着して元に戻らないということにもなりかねません。

妊娠中のシミ対策には、敏感肌向けの美白化粧品がおすすめ

「妊娠中だから刺激の少ない美白化粧品がいいんだけど。。。」

「刺激が少なくてもしっかり効果の感じられる美白化粧品なんてあるの?」

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、それまで使っていた化粧品がお肌に合わなくなる方も多いですね。

妊娠中に何もしないでいて出産後に一気に老け顔になってしまった・・・なんてことにならないためにも、ここは妊娠中のデリケートなお肌でも、刺激が少なく安心して使える敏感肌専用の美白化粧品を使って、しっかりとシミ対策をしておきましょう。

敏感肌はお肌のバリア機能が弱まっているために、紫外線やホコリ、花粉などの外部の刺激や異物の影響をダイレクトに受けているため、お肌が軽い炎症を起こしています。

そのため、メラニン色素の生成が過剰となり、シミやくすみ、そばかすになりやすいのです。

また、肌荒れを起こしているケースも多いため、お肌の奥の水分が放出されやすく、普通肌向けの美白化粧品では美白成分がお肌の奥で保てずに効果を発揮しにくいのです。

ですから、妊娠中の敏感肌のシミ対策には、お肌のバリア機能をサポートする敏感肌向けの化粧品がおすすめです。

また、妊娠するとニオイに敏感になる方も多く、化粧品のニオイがダメで妊娠してからは化粧品を使っていないという方も多いようです。

そんな方には、余計な香料など使用していない無香料のものがおすすめです。

当サイトでも人気の敏感肌向けの美白化粧品、ディセンシア サエルなら、妊娠中の敏感肌にも安心して使えてしっかり美白効果を感じていただけます。