[美白化粧品の効果]美白化粧品 効果ないと感じてしまう理由

「美白化粧品は使ったことあるけど、効果ないと感じた。。。」

「なんとなく美白ケアしているけど、効果あるのかなあ。。。」

美白化粧品に皆さんが期待していることは、シミを薄くしたい、くすみをなくして肌を明るく、透明感をアップさせたいなどさまざまですが、特に効果は感じられなかったという方も多いんですよね。

美白化粧品に効果がないと感じてしまうのは、美白化粧品の効果が基本的にはシミやそばかすを防ぐ「予防」の効果であり、できてしまったシミやそばかすを消す効果はないからです。

でも、シミのタイプやお肌のコンディションに合わせた美白化粧品を選んで、コツコツ使い続けていれば、次第にシミが目立たなくなってくるというケースは多いのです。

また、一般に美白化粧品と思われていても、本当は美白効果のないものだったり、なんとなく「美白っぽい」というイメージだけの化粧品もあるんです。

こうした化粧品を選んでしまうと、「美白化粧品なんて効果ないじゃん!」となってしまうでしょう。

効果のある美白化粧品を選ぶためには、「美白」の意味や美白化粧品の成分など、そもそも美白化粧品って何なのかを知っておく必要があります。

美白化粧品の意味

美白化粧品の意味を正しく理解している人も少ないですね。

美白化粧品の「美白」って、どんな意味なのか知っていますか?

多くの方が美白化粧品は、使えば使うほど肌が白くなっていくといういうイメージを持っているようですが、これは間違いです。

薬機法という法律では、美白化粧品の美白効果を表記する際のルールが決まっており、ルールに則した表記が求められます。

美白化粧品のなかでも医薬部外品指定の美白化粧品と、それ以外の化粧品とでは表現の範囲に違いがありますが、肌が白くなるという意味の表記は認められていません。

参考:美白の表現について(医薬部外品、化粧品、いわゆる健康食品)東京都福祉保健局

美白化粧品の医薬部外品について

医薬部外品は、厚生労働省が効果を認めた指定成分が決められた量で含まれている必要があります。

指定成分の配合量は多すぎても少なすぎてもダメです。

これは少なすぎれば効果が感じられず、多すぎれば副作用や安全性の問題が出るからです。

指定成分については、後ほど詳しく解説しますが、医薬部外品の指定成分の効果は、シミやそばかすを防ぐ「予防」効果です。

医薬部外品の承認を受けた美白化粧品は、指定成分の効能効果に基づいた表現として、「メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ」と表現できます。

また、「美白」と表記する際には、「※美白」(※メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぐ)というように、指定成分の効能効果を根拠とした具体的な効果を説明する表記が必要です。

つまり、医薬部外品の承認を受けた美白化粧品の効果は、すでに黒くなってしまったお肌を白くするのではなく、未来のシミ、そばかすを防ぐ効果です。

すでにできてしまったシミやそばかすを薄くする、目立たなくする効果があるのは医薬部外品ではなく医薬品です。

ただし、これはあくまで薬機法上でのお話。

実際にはシミやそばかすを薄くする効果はあるのに、パッケージや商品本体で効果があるとは表現できない成分もあるんです。

チョッとわかりにくいですよね。

美白化粧品の効果がわかりにくい理由

美白化粧品の効果が分かりにくい理由に、厚生労働省が認めた効果と、美白化粧品の効果の実態が必ずしも一致しないということがあります。

厚生労働省が承認した医薬部隊品の効果は、シミ、そばかすを防ぐ予防の効果ですが、実際には、ビタミンC誘導体配合の美白化粧品のように、使い続けているうちに少しづつシミやそばかすが目立たなくなるものもあります。

例えば、ハイドロキノンという成分は、肌の漂白剤とも呼ばれるほどシミに効果の高い成分で、もともと医薬品として承認された成分ですが、2001年の薬事法の改正によって、2%以下の濃度であれば、化粧品にも配合できるようになりました。

ただし、ハイドロキノン配合の美白化粧品は、医薬部外品ではありません。

ハイドロキノン配合の美白化粧品は、商品のラベルや広告で「シミやそばかすを消す」という効果を明示できませんが、実際には医薬部外品の美白化粧品よりもシミを消す効果は高いといえます。

美白化粧品の効果がわかりにくいのは、こうした実態があるからです。

また、美白化粧品と一口に言っても、シミやそばかすを防ぐものをはじめ、できてしまったシミやそばかすを薄くしてくれるものや、くすみをなくして透明感をアップさせるものなど得意とする効果はそれぞれ違います。

美白化粧品を使う目的とお肌のコンディションをふまえて、口コミで評価の高いものをいくつか試してみることをおすすめします。
ていれば、効果は感じられるはずなんです。

[美白化粧品 効果]美白化粧品のメカニズム

美白化粧品のメカニズムを理解するには、なぜ日焼けすると肌が黒くなるのかを理解しておく必要があります。

紫外線を浴びると、肌内部の細胞を守るために、表皮細胞からメラニン生成を指示するエンドリセンという情報伝達物質が分泌されます。

エンドリセンが分泌されると、表皮の最も奥にある基底層のメラノサイトで、メラニン色素の元となるチロシンが作られます。

チロシンは、メラノサイトにある酸化酵素のチロシナーゼによって、黒色メラニンとなり、肌が黒くなります。

医薬部外品として承認された美白化粧品の成分には、メラニン色素の生成を指示するエンドリセンの働きを阻害するものと、メラニン色素の元となるチロシナーゼの働きを抑え込むものとがあります。

美白化粧品の成分

医薬部外品の美白化粧品の美白のメカニズムは、シミができるプロセスに働きかけてシミやそばかすを予防するものです。

ビタミンC誘導体

安定性が悪く壊れやすいビタミンCを安定化させて、お肌に浸透させやすくしたものです。

強力な抗酸化作用と還元作用により、メラニンの生成を抑えるだけでなく、できてしまったシミを薄く目立たなくする作用もあります。

医薬部外品としてのビタミンC誘導体の効果は、メラニンの生成を防いでシミ、そばかすを防ぐものですが、実際にはできてしまったシミを薄く目立たなくする効果があります。

ビタミンC誘導体は、場合によってはお肌を乾燥させることもあるため、保湿成分も配合されているものが安心です。

美白作用の他にも、過剰な皮脂分泌を抑えてニキビを予防したり、真皮のコラーゲン生成を助けてハリのあるお肌を取りもどし、シワの改善効果も期待できるオールラウンドな美容成分です。

アルブチン

植物のコケモモや、北欧に自生するサンタベリーなどから抽出される成分です。

チロシナーゼの働きを抑えて、シミ、ソバカスを予防します。

医薬部外品の指定成分です。

トラネキサム酸

抗炎症剤として使用されていたもので、メラニン生成を指示する情報伝達物質のエンドリセンの働きを抑える作用があります。

内服薬や美白サプリメントにも使用されており、美白化粧品と併用して使用することで、肝斑の改善に効果が期待できます。

医薬部外品の指定成分です。

プラセンタエキス

豚や馬など動物の胎盤から抽出された成分です。

メラニンの生成を抑える作用に加えて、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促して、できてしまったシミの排出をサポートします。

医薬部外品の指定成分です。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは医薬部外品の指定成分ではありませんが、メラニンの生成を抑える効果と、シミを薄く目立たなくする効果があります。

以前は医師の処方箋が必要な医薬品とされていましたが、2001年の薬事法の改正によって、規定の配合量である4%以下(推奨量は2%以下)を守ることを条件に、化粧品への配合が認められています。

ハイドロキノンはお肌の漂白剤と呼ばれるほどに、できてしまったシミを薄くする効果が高いのですが、成分自体が不安定で使い方を間違うと、お肌に刺激を与えてしまうこともあり、敏感肌の方は慎重に検討する必要があります。

このほかにも医薬部外品指定の美白成分はありますが、使われることの多い美白成分は上記の5つの成分です。

[美白化粧品の効果]シミの種類と効果の有無

シミと一口に言ってもいくつか種類があり、美白化粧品で効果を感じられるものと、効果がないものとがあります。

シミの種類別の特徴と、美白化粧品が効くのかどうかを確認しておきましょう。

美白化粧品が効果的な老人性色素斑

美白化粧品が効果的な老人性色素斑とは、紫外線を浴びることで、お肌にメラニン色素が発生してできるもので、一般的にシミとよばれるものの多くは、この老人性色素斑を指します。

出来てからそれほど時間のたっていないものは薄い茶色ですが、紫外線を浴び続けると濃くなり、肌の新陳代謝でもあるターンオーバーで排出されないと、濃いシミとなって残ってしまいます。

出来てしまってからできるだけ早い段階で美白化粧品を使えば目立たなくすることも可能です。

しかし、時間が経過したものほど、お肌に定着してしまっているため、美白化粧品で目立たなくすることは難しくなります。

美白化粧品はニキビや傷跡など色素沈着にも効果的

美白化粧品はニキビのあとや傷跡、虫刺されのあとなどの色素沈着にも効果的です。

ニキビや擦り傷や切り傷、虫刺されなどが治っても、その部分が黒ずみとして残ってしまうこともありますよね。

これは皮膚が炎症を起こした部分に、メラニンが発生して色素沈着したもので、炎症性色素沈着とよばれるものです。

下着が当たってこすれる部分や、メガネの鼻あてが当たる部分が黒ずむのも、炎症が原因で色素沈着するもので、このタイプにあてはまります。

ターンオーバーにより薄くなることもありますが、黒ずんだ部分に紫外線が当たると濃くなってシミが定着することもあります。

このタイプのシミには、ビタミンC誘導体配合の美白化粧品が効果的です。

美白化粧品は肝斑にも効果的

肝斑とは、モヤっとした輪郭のはっきりしない薄い灰色から薄茶色が特徴のシミです。

ホルモンバランスの乱れが原因と考えられており、妊娠中や更年期の女性によく見られます。

頬骨から目の下にかけて左右対称にできることが多く、美白化粧品が有効です。

トラネキサム酸配合の内服薬を併用するとさらに効果的です。

美白化粧品はほくろには効果なし

美白化粧品はほくろには効果が期待できません。

ただし、ほくろと言っても、ご本人がほくろと思い込んでいるだけというケースもあります。

紫外線の影響でできてしまったシミが定着してさらに紫外線を浴びることで、その部分の角質層が変性してイボのように盛り上がったものを脂漏性角化症と呼びますが、このタイプには美白化粧品は効果がありません。

脂漏性角化症は、頬骨の周囲や鼻の頭など特に紫外線を浴びる部分にできやすく、50代以降の中高年によく見られるものですが、皮膚の構造自体が変わってしまっているので、美白化粧品では元に戻せません。

皮膚科でのレーザー照射や液体窒素で除去する方法があります。

美白化粧品が効果的な雀卵斑

雀卵斑とはソバカスのことです。

比較的色白の人に多く見られ、美白化粧品で薄くなる場合もありますが、両親のどちらかにもソバカスがあるなど、遺伝的要素の強いものは美白化粧品では効果が期待できないケースもあります。

ただし、今以上にソバカスを増やしたくなければ、日ごろからしっかりと美白ケアをしておく必要があります。

美白化粧品では効果が限定的な花弁状色素斑

急激な日焼けによってやけどのように皮膚が赤く炎症を起こした後、ほてりが落ち着いた頃にできるシミです。

背中から肩にかけてできる事が多く、花びらのような形が特徴です。

美白化粧品で多少薄くなることはあっても、元の状態に戻すためにはレーザー治療が必要になります。

以上のように、シミのタイプによっては美白化粧品が効かないケースもあるため、自分のシミを見極めて、適切な対処法を検討する必要があります。

美白化粧品で茶グマを解消

美白化粧品は茶グマの解消にも効果的です。

茶グマは目の周囲にメラニンが集まったために、茶色かかって見えるものです。

紫外線の影響のほかにも目をゴシゴシこすったり、アイメイクを落とす際に力を入れ過ぎて刺激を与えることも茶クマの原因になります。

ビタミンC誘導体配合の美白化粧品が茶グマに効果的ですが、目元は非常にデリケートな部分です。できるだけ刺激を与えないようにしましょう。

[美白化粧品の効果]体には使えるの?

「美白化粧品はデリケートゾーンにも使えるのかな?」

「薄着になると脇の黒ずみが気になるんだけど美白化粧品は使えるの?」

美白化粧品は顔だけでなく、体全体に使えます。

しかし、もともとの肌の色より白くすることはできません。

美白化粧品で地黒を治す効果や、もともと色黒な方が美白化粧品で肌をより白くするという効果は残念ながらありません。

普段紫外線を直接浴びることのない部分の肌の色をより白くする効果はありません。

美白化粧品はデリケートゾーンに使う際には注意が必要

美白化粧品は、陰部などデリケートゾーンの黒ずみ解消にも効果的です。

陰部の黒ずみは、男性から遊んでいると思われそうでと考える方も多いですよね。

陰部の黒ずみは下着との微妙な摩擦で軽い炎症を起こした肌に、メラニン色素が沈着して黒ずむものです。

きつい下着をつけると摩擦により黒ずみが進んでしまいますので、できるだけゆったりとした下着をつけるようにして、敏感肌用の美白化粧品でお手入れするといいでしょう。

ただし、美白化粧品は粘膜に使用することを想定していませんので、使うのは外陰部にとどめておきましょう。

心配な方には陰部専用の美白クリームをおすすめします。

美白化粧品は脇の黒ずみにも効果的

美白化粧品は脇の黒ずみにも効果的です。

脇が黒ずむ原因は、ムダ毛の処理で刺激を与えることで皮膚が炎症を起こして色素沈着するからです。

また、脇は腕を動かすことで摩擦が生じる部分でもあるため、黒ずみが起こりやすい部分です。

ムダ毛処理の際にはしっかりとクリームを使いできるだけお肌に負担をかけないようにしましょう。

処理後はお肌が炎症を起こしているので、美白化粧品でお手入れしておくきましょう。

[美白化粧品の効果]美白効果の高い化粧品ってどれ?

「結局、美白効果の高い化粧品ってどれなのよ。。。」

「美白効果の高い化粧品で、できるだけ早く色白お肌にしたいんだけど。。。」

とにかく美白効果の高い化粧品を選んで、できるだけ早く気になるシミやそばかすを目立たなくしたい、なかったことにしたいというお気持ちはよくわかります。

でも、美白成分にかぎらず、化粧品の成分は即効性や高い効果が期待できるものほど、お肌に刺激を感じたり、肌荒れなどのリスクが高くなります。

リスクもあることを承知の上で、美白効果の高い化粧品を選びたいということであれば、ハイドロキノン配合の美白化粧品を選びましょう。

ここでは、ハイドロキノン配合の美白化粧品の中でも、美白効果も高く安全性についても問題のない美白化粧品をご紹介します。

アンプルール ラグジュアリーホワイト


アンプルール ラグジュアリーホワイトは、美容皮膚科専門医が開発した、ハイドロキノン配合の美白化粧品です。

美容皮膚科の現場で、様々なシミ、そばかすの悩みに向き合ってきた、皮膚科専門医が開発した美白化粧品ですから安心安全。

最強の美白成分とも呼ばれるハイドロキノンを、低刺激で安全性を高めた「新安定型ハイドロキノン」として配合しています。

できてしまったシミを何とかしたいとお悩みの方に、おすすめの美白効果の高い化粧品です。

ビーグレンホワイトケア


ビーグレンホワイトケアはハイドロキノンの効果はそのままに低刺激化して配合した、美白効果の高い化粧品です。

ビーグレン独自の技術でハイドロキノンを安定化させているので、刺激を感じにくいうえに、お肌の気になる部分にしっかち届くので、できてしまったシミにも効果があると好評です。

万が一お肌に合わないという場合には、購入から1年間返金保証してくれますので、安心してお試しできるのも人気の理由です。

美白化粧品 最強の成分とリスクについて

美白化粧品に使われる成分の中でも、最強の美白成分とも呼ばれるハイドロキノンは、ビタミンC誘導体や、アルブチンなどの医薬部外品指定の美白成分と比べて、10~100倍の高い美白効果が期待できるといわれています。

できてしまったシミを薄くする効果は高いのですが、使う方によっては刺激を感じたり、肌トラブルを起こすリスクもあります。

そのため、ハイドロキノンは、以前は医師の処方箋が必要な医薬品でなければ、配合が認められていませんでした。

しかし、その後の規制緩和の流れによって、一般の化粧品においては4%を上限に配合が認められるようになりました。

規制が緩和されて化粧品への配合が認められたといっても、すべての人のお肌にトラブルなく使えるものということではなく、リスクは高いので、慎重に使用を検討する必要があると考えましょう。

最強の美白成分とも呼ばれるハイドロキノンは、使い方を間違えると肌あれの原因ともなりかねません。

敏感肌を自覚している方はもちろんですが、普通肌の方でも、かならずトライアルセットなどでご自分のお肌に合うかどうか試してみてから、本商品を注文するようにしましょう。

ご紹介したアンプルール、ビーグレンともにトライアルセットが用意されています。

まずはアンプルールとビーグレンのトライアルセットでお試ししてみて、相性の良いものを選んでみましょう。

万が一お肌に合わない場合は、どちらも返金対応してくれるので、安心して申し込めるのも魅力ですね。

美白化粧品には即効性を求めない

医薬部外品として認められた美白化粧品の美白作用は、「メラニンの生成を防いでシミ・そばかすを防ぐ」というものです。

あくまでシミやそばかすを「予防」するものであって、すでにあるシミを薄くする効果は、医薬部外品としては承認されていません。

しかし、美白化粧品をコツコツと使い続けているうちにシミが薄くなってきたとか、肌のトーンがワントーン上がった、透明感が戻ってきたといった口コミは少なくありません。

例えば、ビタミンC誘導体には、シミを薄くする還元作用がありますが、医薬部外品として承認された作用は、シミを薄くする作用ではなく、メラニン生成のプロセスを抑えてシミ、ソバカスを防ぐ作用です。

ビタミンC誘導体については、諸事情により厚生労働省はシミを薄くする作用を認めてはいませんが、実際にはシミを薄くする作用はあるので、時間をかけてコツコツ使っていれば、期待する効果を実感できる可能性が高いと言えます。

また、ビタミンC誘導体以外の美白成分でも、シミが定着していない段階で使えば、新たなメラニンの生成が抑えられ、さらにターンオーバーがうながされることで、メラニンがうまく排出されれば、時間とともにシミは目立たなくなってきます。

ビタミンC誘導体はハイドロキノンよりもずっと作用が穏やかですが、それでもお肌の乾燥をすすめてしまう場合もあります。

いずれにしても、まずはご自身のシミのタイプを見極めて、美白化粧品が効くのかどうかを確認してみましょう。

美白化粧品の効果が期待できるタイプのシミであれば、トライアルセットなどを上手に利用して、お肌に合う美白化粧品を選び、焦らずじっくりと美白ケアに取り組んでみることをおすすめします。