[美白化粧品の使い方]季節ごとの使い方

「温かくなってきたし、そろそろ美白化粧品を使わないと。。。」
「うっかり日焼けしちゃった。美白化粧品を使っておこう。。。」

美白化粧品は紫外線量の多い春から夏にかけて使うものとか、日焼けしてから使うものと考える方も多いですね。

でも、美白化粧品は、年間を通じて使うことで本来の美白効果を発揮します。

なぜなら、シミやそばかすはできてしまってから対処するのでは、なかなか大変ですし、紫外線は、量の多い少ないの違いはあっても、真冬でも地表に降り注いでいて、お肌に悪影響を与えているからです。

絶対にシミを作りたくないと考えるならば、一年中美白化粧品を使いましょう。

美白化粧品は冬も使うこと

美白化粧品を冬に使うというと、いまいちピンとこないという方もいるかもしれませんね。

夏の日差しは、肌にジリジリと刺激を感じますから、自然に「ああ、焼けちゃう」と感じますよね。

その一方で、秋冬の穏やかな日差しは、熱を感じることもなく、かえって日差しが心地よいと感じるほどです。

でも、心地よい秋冬の日差しを甘く見てはいけません。

なぜなら、秋冬でも紫外線はしっかり地表に届いているからです。

紫外線には波長の違いによる2種類があり、肌を赤くして日焼けの原因となる紫外線B波と、お肌の奥まで届いてシミやしわ、たるみの原因となる紫外線A波があります。

熱を感じる紫外線B波は、冬には夏の1/5まで減りますが、紫外線A波は、冬でも1/2程度は降り注いでいます。

しかも、曇りや雨の日でも地表に届きますし、ガラス窓を通り抜けて室内にも入り込んでくるというやっかい者です。

このように、紫外線は一年中浴びているものでもあり、シミの元でもあるメラニンを作るメラノサイトも一年中活動していることを考えれば、美白化粧品は年間を通じて使うのが基本です。

冬は保湿効果の高い美白化粧品でケア

冬でも紫外線は地表に届いているので、冬も美白化粧品をつかったお手入れは必要ですが、夏と違い冬は乾燥しやすく、お肌が紫外線のダメージを受けやすいことにも注意が必要です。

なぜなら、乾燥したお肌はバリア機能も弱く、紫外線などの外部刺激により炎症を起こして、メラニン生成を活発にしてしまうからです。

お肌の外側の角層は、角質細胞がレンガ造りのような状態をしていて、角質細胞同士をセラミドなどの保湿物質がつなぎ合わせながら、水分を抱え込んでいます。

しかし、お肌は乾燥すると、セラミドが減ってしまって水分が少なくなるだけでなく、角質細胞同士にすき間ができてしまうため、お肌本来のバリア機能が弱まってしまいます。

そのため、紫外線などの外部刺激がお肌の奥へと入り込みやすくなってしまいます。

外部刺激を受けたお肌は炎症を起こしますので、メラニンをより多く作ろうとしてしまうのです。

冬は夏よりも紫外線量は少なくなりますが、お肌の乾燥もシミやくすみの原因となることをふまえると、冬は保湿を意識した美白化粧品を使ったケアが欠かせません。

冬は美白ケアのチャンス

紫外線を浴びることでメラニンが生成され、色素沈着が起きますが、色素沈着がそのまま肌に残るとシミになります。

色素沈着が最も活発で目立つのは真夏の7月~8月です。

紫外線量は真夏をピークに次第に減少していきますが、若く健康なお肌であれば、紫外線量の減少とターンオーバーによって、色素沈着は次第に収まって元の肌の色に近づいていきます。

日照時間が短く紫外線量も真夏と比べて少なくなる冬は、メラニン生成も少なくなりますから、ターンオーバーを後押しすることで、お肌のくすみをなくし肌の色を明るくすることにつながります。

冬にも美白化粧品を使ったお手入れをすることで、春夏の色素沈着をしっかりリセットしちゃいましょう。

美白化粧品で夏のメラニン生成を抑える

美白化粧品で夏はメラニンの過剰生成を抑えましょう。

メラニン生成は、お肌の奥へ有害な紫外線が届かないための肌本来の防御機能です。

美白化粧品には、メラニン生成を抑える効果がありますから、必ず日焼け止めとセットで使う必要があります。

美白化粧品は、メラニンの生成を抑えてシミができるのを防いでくれますが、メラニンが作られないということは、お肌は紫外線に対して、いわば無防備な状態です。

日焼け止めを使わずに美白化粧品だけを使用すると、お肌の奥へ紫外線が届いてしまって、さまざまな肌トラブルを引き起こし、逆効果となってしまいます。

日焼け止めは夏だけ使うものではなく、年間を通じて美白化粧品とセットで使うものと考えましょう。

日焼け止めの使い方

日焼け止めを使っているのに焼けてしまったという方が多いのですが、これは正しい使い方をしていないからです。

日焼け止めについても基本的なことを理解して、正しい使い方をマスターしましょう

日焼け止めの種類

日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とがあります。

紫外線吸収剤は肌の表面で紫外線を吸収し、肌へ影響が及ぶのを防ぐものです。

無色透明でサラリとしているので、白浮きすることもなく、紫外線カット効果も強いというメリットがありますが、その分お肌への負担も大きく、人によってはかぶれや肌荒れを起こすこともあります。

紫外線散乱剤は、肌の表面で紫外線を跳ね返し、肌への影響を食い止めるものです。

紫外線散乱剤は、紫外線吸収剤よりも紫外線をガードする力は弱くなりますが、お肌への負担は軽くなります。

ノンケミカルとか紫外線吸収剤不使用と表記されているので、敏感肌の方や肌への負担の軽いものを探している方は、商品の表記を確認して、紫外線散乱剤を使用したものを選ぶとよいでしょう。

日焼け止めのSPFとPAについて

日焼け止めにはSPF25、PA++などの表記がありますが、この表記については正しく理解しておく必要があります。

SPF25といった表記の「SPF」は、紫外線B波をブロックする強さを表します。

SPF25と表記されていれば、日焼けが始まるまでの時間を、なにも塗らない場合より25倍遅らせることができるという意味です。

皮膚は、紫外線を浴びると、およそ20分後に日焼けが始まるとされていますので、20×25=500となりますから、8時間20分日焼け止めの効果が続くという意味です。

PAとは「+」の多さで紫外線A波をブロックする強さを表すもので、PA++++が最もブロックする力が強く、+++、++、+と4段階設定されています。

日焼け止めはこの数値や+の数が多いほど、紫外線からお肌を守る力も強いと考えていいのですが、その分お肌への負担も大きくなります。

真夏の外出時ならSPF25~30程度で、PA++かPA+++程度のものをこまめに塗りなおすのが上手な使い方と言えます。

日焼け止めの塗り方

美白になるためには、日焼け止めは、晴れた日の外出時だけでなく、曇りの日や家で過ごす日でもしっかりと塗りましょう。

日焼け止めはケチらず、塗りむらのないように、まんべんなくのばして塗ることが大切です。

日焼けのしやすさは個人差がありますので、日焼けしやすいと自覚している方は、こまめに塗りなおしましょう。

外出の途中など、皮脂や汗などで落ちてしまうことがあるので、こまめに塗りなおすことも忘れないようにしましょう。

最近はCCクリームや日中用の乳液にUVカット機能を持たせたものもありますので、こうしたものを使うのも、おすすめです。

美白化粧品には、同一ラインに日焼け止めと化粧下地、パウダーファンデーションなどUVケアとベースメークができる便利なアイテムが用意されているものもあります。

お肌に合うものを選んで上手に使えばとっても便利な時短アイテムにもなりますね。

[美白化粧品 使い方]朝と夜の洗顔後に使うこと

美白化粧品は朝と夜の洗顔後に使いましょう。

朝は昼間の紫外線による影響を意識して、メラニンの生成を抑える成分が配合されているものでのお手入れがおすすめです。

夜は、昼間の紫外線による影響をリセットする意味でも、お肌のターンオーバーを高める成分や炎症を鎮める成分が配合されているものが最適です。

当サイト人気No.1のディセンシアサエルなら、メラニン生成を抑えるアルブチンと、お肌の炎症をしずめるトラネキサム酸の2つの美白有効成分を配合しており、年間を通して使うことで、シミ、そばかすを防いでくれます。