[妊娠中の美白化粧品]敏感肌向けがおすすめ

「妊娠してから急にシミが増えてビックリなんだけど。。。」

「このシミ、産後も残っちゃうの?」

妊婦さんにはこんな悩みをお持ちの方って多いんですよね。

でも、妊娠中のお肌の状態に合わせた正しいシミ対策をすることで、産後にシミを残さないことはできるんです。

妊娠中はお肌も体もとってもデリケート。

敏感肌に傾いたお肌でも刺激を感じにくく、安心して使える敏感肌向けの美白化粧品でしっかりケアして、産後おばさん化を予防しましょう。

[妊娠中のシミの原因]ホルモンバランスの変化

妊娠中のシミの原因、妊娠するとシミが増えたり、目立たなかったシミが濃くなるのは、プロゲステロン(黄体ホルモン)というメラニン色素の生成を刺激する女性ホルモンの分泌が多くなるからです。

妊娠中は乳首や陰部など、直接紫外線を浴びない部分でも黒ずんでくるのは、メラニン色素の生成を促すホルモンの分泌が優位になるからです。

通常、紫外線を浴びて日焼けしたとしても、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって、メラニン色素は垢とともに剥がれ落ちて元の肌の色にもどります。

しかし、妊娠するとホルモンバランスが変化し、メラニン色素の生成を促すホルモンが多く分泌されることに加えて、お肌の新陳代謝が乱れることも重なります。

妊娠していない時にはシミにならないような場合でも、メラノサイトが敏感に反応して、メラニンを過剰に生成してしまう上に、メラニン色素がうまく排出されないため、シミが増えやすくなるのです。

それほど強い紫外線を浴びていないし、きちんとUVケアしているのに、妊娠してからシミができやすくなったと感じるのは、こうした理由があるからです。

[妊娠中のシミ対策]安心安全が基本

妊娠中のシミ対策の基本は、すこしでもシミのできにくいお肌の状態をキープすることと、たとえシミができてしまったとしても、出産後に残るほど濃くならないようにすることです。

妊娠中のシミの原因であるホルモンバランスの変化に働きかけることは誤りです。

なぜなら、メラノサイトを刺激する女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、おなかの赤ちゃんが健やかに育つために分泌される大切なものだからです。

妊娠中のシミの多くは、出産後にホルモンバランスが整えば、次第に薄く目立たなくなるのですが、何もケアせずに紫外線を浴びてしまっていたりすると、驚くほどシミが目立ってきたり、出産後も消えずに残ってしまうケースも多いのです。

妊娠中は、安心安全な方法でUVケアを含めたシミ対策と美白ケアをして、出産後にシミを残さないようにしましょう。

[妊娠中のシミとハイドロキノン]使用に際しては慎重に

妊娠中のシミにハイドロキノンを主成分とする美白化粧品を使っても大丈夫かと考える方も多いですね。

ハイドロキノンは、最強の美白成分ともいわれるほど美白効果の高い成分ですが、その一方で刺激も強いので、妊娠中は慎重に選びましょう。

最近ではハイドロキノンの効果はそのままで、刺激を感じにくく改良した新型のハイドロキノンを配合した美白化粧品もあるので、気になる方はトライアルセットで試してみることをおすすめします。

トライアルセットで試してみて、お肌に合わないようであれば、使用を中止して、敏感肌向けの美白化粧品に変えましょう。

妊娠中のシミは出産後薄くなるものもある

「妊娠中のシミは産後には薄くなるって聞いたけど。。。」

妊娠中のシミには、産後に薄くなるものと、残ってしまうことが多いものがあるんです。

ホルモンバランスの変化によるシミは肝斑とも呼ばれますが、妊娠中に特に多い頬骨の周辺にモヤっとした感じで目立ってくるシミが妊娠性肝斑です。

妊娠性肝斑は、産後にホルモンバランスが元の状態に戻ると、自然に薄く目立たなくなることが多いです。

肝斑には、美容皮膚科で処方されるビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸などの内服薬が有効ですが、妊娠中はおなかの赤ちゃんのこともありますので、通常は処方されません。

ドラッグストアで購入できる第1類医薬品にも、トラネキサム酸を配合したものがありますが、使用上の注意として「妊婦又は妊娠していると思われる人妊娠中は医師に相談すること」となっていますので、慎重に検討しましょう。

お薬よりも作用の穏やかな美白サプリもありますが、たとえサプリであっても、主治医に相談の上、慎重に検討することをおすすめします。

紫外線の影響によるシミは残りやすい

肝斑は一般的なシミよりも薄いモヤっとした茶色が特徴ですが、出産後にホルモンバランスが整ってくれば、次第に目だたなくなってきます。

出産後にも残ってしまうシミは、妊娠中の日焼けでできるシミのように、紫外線の影響に敏感に反応してできたメラニンが、お肌の新陳代謝であるターンオーバーでは排出されずに残ってしまうことでできるシミです。

こうした産後に残りやすいシミをできるだけ防ぎつつ、できてしまったらうまく排出することが大切ポイントです。

[妊娠中のシミをレーザーでケア]妊娠中は基本的にNG

できてしまった濃いシミを消すために、最も効果的で即効性があるのは、皮膚科でのレーザー照射ですが、多くの皮膚科クリニックで、妊娠中はレーザー治療を控えるように案内しています。

レーザー照射は、直接赤ちゃんに影響を与えるものではないとされていますが、お母さんに緊張やストレスを与えることにもなりかねないため、妊娠中のレーザー照射でのシミ治療は受付しない皮膚科クリニックが多いのです。

妊娠中は、お肌に優しい美白化粧品でのお手入れをすすめるドクターがほとんどです。

妊娠中のシミ化粧品のおすすめは敏感肌向けの美白化粧品

「妊娠中だから刺激の少ない美白化粧品がいいんだけど。。。」

「刺激が少なくてもしっかり効果の感じられる美白化粧品なんてあるの?」

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、それまで使っていた化粧品がお肌に合わなくなる方も多いですね。

でも、敏感肌向けの美白化粧品なら、刺激を感じにくいうえに、しっかり効果も感じられます。

妊娠中に何もしないでいたために、産後に一気に老け顔になってしまった・・・なんてことにならないためにも、妊娠中のデリケートなお肌でも、刺激が少なく安心して使える敏感肌向けの美白化粧品を使って、しっかりとシミ対策をしておきましょう。

また、妊娠するとニオイに敏感になる方も多く、化粧品のニオイがダメで妊娠してからは化粧品を使っていないという方も多いようです。

そんな方には、余計な香料など使用していない無香料のものがおすすめです。

当サイトでも人気の敏感肌向けの美白化粧品、ディセンシア サエルなら、妊娠中の敏感肌にも安心して使えてしっかり美白効果を感じていただけます。

[妊娠中の美白化粧品]安心おすすめの美白化粧品

  1. ディセンシア サエル

    総合評価 5.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格 1,480円
    セット内容 美白化粧水・美白美容液・美白クリーム

    敏感肌向け美白化粧品人気No.1だから妊娠中のデリケートなお肌にも安心して使えます。敏感肌でもしっかり美白効果が実感できるのは、敏感肌特有のお肌のメカニズムを踏まえて設計されているから。美白化粧水と美容液、クリームのセットがじっくりお試しできる10日間のトライアルセットでお試ししてみませんか?

  2. アンプルールラグジュアリーホワイト

    総合評価 5.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    1,890円(税込)
    セット内容:
    集中美容液・化粧水・美白美容液・乳液・メイク落とし・洗顔料

    美白効果の高いハイドロキノンを独自技術で低刺激化。妊娠中の敏感肌でも低刺激でありながら、しっかり美白効果が実感できます。ただし、ハイドロキノンは美白効果が高い一方で、どうしてもお肌に合わないという方もいるため、まずはトライアルセットでお試ししてみることをおすすめします。